メインイメージ

子供の健全育成

NPO法人の設立と子供の健全育成について

子供の健全育成子供の健全育成は現代社会全体で取り組まなければならない問題であると言えます。かつてに比べて核家族化が進行した現代社会においては子育てを行うことが難しいという環境に置かれているケースが少なくありません。

 

 

その様な負担を軽減する目的で設立される団体には託児所や保育所、学童保育等様々な活動があります。

 

これらの中にはNPO法人を設立する形で活動を行っている団体も少なくなく、子供の健全育成に対して非常に大きな貢献を果たしていると言えるのです。

 

この様な道を選択する団体には様々な種類が存在していますが、地域の託児所や保育所、学童保育の他にも子供会の運営や子育て講座を行うセミナーの開催団体、スポーツや自然学習を通じての健全な成長支援等の他に、いじめ相談や児童虐待防止、児童相談等の活動も挙げられます。

 

また直接子供に関わる保育士の能力向上を目的として教育活動もこの分野の活動であると言えます。

 
この様な活動を行う団体がNPO法人を目指すというのは様々な法的な恩恵を受けることを目的としていると言えるでしょう。

 

営利団体としての活動ではなく、この様なNPO法人を選択することで社会的な信用が向上し、様々な社会的な支援も得やすくなる仕組みがあるというのも一つの理由であると言えるでしょう。

 

子供の健やかな成長を図る活動という分野はNPO法人の設立を規定する法律である特定非営利活動促進法に規定されている20の指定分野の一つとしても知られており、積極的に推進すべき活動であると考えられているのです。

 

NPO法人になることで得ることが出来る様々なメリットは、その様な活動を支援するのに相応しいものがあると言えるでしょう。

 

しかしNPO法人を目指すためには高いハードルを越えなくてはなりません。

 

希望すればだれでも簡単に設立出来る団体ではないのです。子供の健全育成に関わる活動を行っているというのは前提条件であり、それに加えてNPO法人が求める要件の全てをクリアしておく必要があるのです。

 

例えばNPO法人の設立のためには最低4人の役員が必要であり、3人の理事と1人の監事が含まれます。

 

その他に最低6名の社員という10名以上の組織を維持する必要があるのです。そして活動の内容は事業年度ごとに行政に提出し、情報公開をすることが義務付けられています。

 

 

この作業は非常に厳格なものであり、対応するのに十分な組織管理が必要になるものであると言えるのです。

 

専門家の支援が必要になる場合もあるでしょう。

Copyright © 2016 NPO法人設立を考えている方は知っておきたい設立要件 All rights Reserved.